HOME > 小学生の頃からお菓子が大好きでした

小学生の頃からお菓子が大好きでした。おこづかいはほぼ全て駄菓子につぎ込んでいた記憶があります。中学生になってからはポテトチップスとチョコレートが大好物。更にお菓子作りにハマり、よくクッキーやケーキを作って食べていました。そんな子供時代だったので、高校生になった時には身長155センチで体重55キロ。骨太で下半身が太い女子高生の出来上がりです。上半身は肉付きが少なかったのですが、腰から太もものボリュームが多かったため、ズボンは試着しないと買えませんでした。おしりで止まってしまうことが多々ありまして。

思春期を迎えて、「これはヤバい」と一念発起。暇を見つけてはストレッチすることにしました。そして大好きなお菓子を封印…はできなかったので、量を三分の一に減らしました。更に夜6時以降のお菓子を禁止することに。夜に何か食べたくなった時にはキュウリの浅漬けをかじっていました。増え続けていた体重は増加を止め、高校卒業時には55キロ→50キロになりました。